トップ 全国行政書士ナビについて 相互リンク お問い合わせ 有料掲載について サイトマップ

全国行政書士ナビ上手な勉強方法 > 憲法の知識を高めるコツ

憲法の知識を高めるコツ

憲法の知識を高めるコツの画像

憲法は学生のころ、試験に良く出た覚えがあります。

難しい言葉が多く、試験では苦労した記憶があり、行政書士の試験でも得意科目ではありませんでした。

ただ、実際のところ、憲法の問題というのは、行政書士の試験では得点源といえます。

9条など、改憲に関する議論がなされてきていますが、あまり動きの無い法律が憲法です。

正直に言うと、現在改憲を議論されているような憲法についての問題は出ません。

出せないというところが本音なのでしょう。

ですから、基本的な憲法の問題しか出題されませんから、問題集をたくさんこなすことがコツです。

覚えることが多い科目になりますが、覚えてしまえば試験の得点源となり得る科目でもありますので、しっかりと頭に叩き込みましょう。

憲法についても、図書館で中学生や高校生に向けて分かりやすく書かれた漫画を見つけました。

読んでみると、意外に面白く、憲法を思い出しつつ、理解しながら覚える良いきっかけになると思いました。

学生時代に試験に出たとはいえ、きっと忘れていることも多いでしょうから、まずはこのような漫画など、簡単な解説書などを読んで憲法の概要を思い出してみるのもお勧めです。

実際の業務としては正直なところ、憲法が直接関連するような業務はありません。

しかし、基本的に知っておかないと困る社会常識ですから、行政書士の業務にはあまり関連性が無くとも、他の法律の基本として覚えておきたい大切な法律です。

まず、漫画やテキストで憲法の基本を覚えたら、問題集をこなしましょう。

過去の問題集も解いておきます。

これを繰り返すことで、忘れやすい憲法が分かってきますので、集中して理解するようにします。

あまり、憲法について書かれた難しい参考書やテキストなどは読む必要はありません。

学生時代に身につけた知識を混乱させるだけです。

とにかく問題を数多く解いて、忘れないようにする。

これが憲法を勉強する最大のコツとなります。

全国行政書士ナビについて

当サイトに掲載されている店舗情報、営業時間、などは、記事執筆時の情報です。最新情報はオフィシャルサイトにて確認していただければと思います。